01≪ 2017/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-10-01 (Wed)
(最初にお断りしておきます。
 とっても後ろ向きな話題なので、スルーしてください)


ダラダラしている間に秋になってしまいました。

ブロともさんのところへもお邪魔せず
本当に申し訳ないです。

なんでしょうね。
このやる気のなさ。

でも、最低限の日常生活はしていますよ。

朝はいつも通りに起きるとか
食事も摂っているし
ウォーキングも朝のタイミングが合うかぎり行ってます。

子供の学校行事にも参加しています。

ただ、積極的に行動をおこすことができないんですねぇ。
ブログの記事も途中まで下書きして放置していたり
公文書写も教室には通っているけど
惰性でやってる感じだから気持ちが入らず進歩なしです。

ましてや、通信のフランス語や和裁はまったく手付かず。

あ~、怠慢な生活ですねぇ。
こんな生活をしているせいか
体調もまた不安定で
過敏性腸症候群の症状が出ています。

学校行事のときなんかは
頓服をのんで、なんとか行っている感じです。
ずっと薬に頼らなくても大丈夫だったのに……。

自分が一番嫌いなタイプの人間になっているような気がします。

そんな私が依存しているのは
やっぱり、嵐であり、智くん。

もう朝から晩まで溺れてますねぇ。
だから、余計にこんな生活になっているのか?(笑)
悪循環?

この生活から抜けられるときがくるんだろうか?


スポンサーサイト
| カラダのこと | COM(9) | | TB(0) | |
2014-09-12 (Fri)
これだけ遡ってしまったら、日記として機能しているのか?
という感じですが
記録としては書き留めておきたいので……。

記憶も薄れつつあるから、記録としても正確じゃないかもしれませんけど(^_^;)

1ヶ月前の8月8日から2泊3日で
私の実家へ長女を連れて帰省してきました。

当日は朝早い新幹線にしていました。
ラッシュの時間は避けたかったのと
向こうにもできるだけ早い時間に着きたかったので。

ただ、そうなると、不安もあったんですよねぇ。
カラダのリズムというか……
起きる時間はいつもと同じでもいいんですけどね。
いつも5時起きなので。

その点では問題ないんですが……
トイレのリズムが……ね。
いつもは自宅でリラックスして……なのが
そうはいかないので
持病がある身としてはとっても不安でした。

実は、この数日前、学展に行くつもりで出かけて
持病のために、何度も途中下車した挙句
行くことを断念して、後日、リベンジした……ということがあったのです。

だから、余計に緊張しました。
が、新幹線までの電車が空いていたことと
常に嵐の曲に集中するようにしたことと
“新幹線の中ではいつでもトイレに入れる”と
自分に言い聞かせて……

途中の乗り換えの駅や
新幹線に乗った品川駅では
トイレに駆け込んだものの
なんとか無事に新幹線に乗ることができました。

のぞみは思っていたより窮屈ではなくて
2人席だったので
想像していたよりもリラックスして乗っていることができました。

なので、タブレットを使ってブログ更新する余裕もありました。
それに、そのタブレットで嵐のライブDVDを観ながらの旅だったので
画面に向かって智くんに手を振ったりしながら
(長女はニノに手を振ってました)
逆に興奮していたような……(リラックスしてないじゃん)

車内2

ちなみに、長女はDVDを観ていないときはDSを楽しんでいました。
車内1

そうやって5時間弱を過ごし、北九州の小倉駅に到着。
のぞみはわが故郷の下関は通過するんですねぇ(T_T)
小倉から普通電車で15分ほどバックして
ついに、なつかしの下関駅に着きました。

下関駅

久しぶりの駅は、ホームは少し
構内はガラッと変わっていました。

でも、下関の匂いは変わってなかったです。

 ~ つづく (たぶん) ~
| ライフスタイル | COM(4) | | TB(0) | |
2014-09-09 (Tue)
一昨日の夜
主人のスマホに電話が掛かってきたのが9時過ぎくらいだったと思います。

姑が入所している介護施設から
呼吸が困難になっているから病院に連れて行って欲しい…という内容でした。

布団の中にはいるもののなかなか寝付けない子供たちと寝室に居た私に
そんな事情を伝えて、ひとりで出かけて行った主人。

施設から救急車に乗ったらしいですが
心臓の専門がある病院がなかなか見つからず
車で30分くらいの病院に着いたと電話があったのは10時過ぎ。

本人は集中治療室に入っているものの
意識はしっかりしているというので
どうやら命に別状はなさそうだと感じました。

そこで、主人の心配は違うところに……

救急車に同乗したから、車は施設の方に置いたまま。
検査に時間が掛かりそうだから
終電に間に合わない可能性があるけど
タクシーに乗るには(遠いので)持ち合わせがないというのです。

ま、いつも“ない”ですけど
給料日前でもありますからね。

なので、施設に置いている車を取りに行くことは後日として
病院から自宅までタクシーに乗って
自宅で支払うことを提案しておきました。

とはいえ、私の方も
翌日が平日だから銀行にも行けると安心していたから
サイフの中身は心細いものだったので
とりあえず、コンビニへ。

近くにコンビニがあって、コンビニにATMがあって……よかったです(^_^;)

そして、帰るコールがあったのが夜中の1時過ぎ。
夜中なので、道もスムーズだったと30分くらいで帰宅しました。

姑の病名は心不全だったようです。
怖い病名ですが
ウチの姑は不死身ですからね。

なんせ、くも膜下出血を2度経験しても
(後遺症で半身が不自由になったものの)
蘇った人ですから。

翌日(昨日)、主人は入院の手続きなどがあるので
会社を休んで病院に行ったのですが……

本人はおしゃべりも舌好調だったそうです。
80歳を過ぎた高齢の姑ですが
まだまだこの調子で長生きしてもらいたいものです。


| 家族 | COM(8) | | TB(0) | |
2014-09-06 (Sat)
実は先月、実家に帰省している最中に書くつもりでいたので
1ヶ月前に遡ります(^^ゞ

そうなんです。長男の誕生日は先月、8月8日でした。
10歳になりました。

当日は私と長女が早朝に旅立つことが決まっていたので
前日にアイスケーキでお祝いしていました。

birthdaycake10.jpg

プレゼントは、さらに、その数日前にすでに渡していました。



相変わらず、欲しいものといえばゲームソフトです(-_-;)

インドア派であり、食も細いので
カラダは身長も体重もなかなか大きな成長がない長男ですが
それでも、このところは、身長が少し伸びた気がします。

生活面では、どう対応すれば良い方向へ導けるのか
悩まされていますが……

また、言うことが憎たらしいことも多いですが……

何はともあれ、大きな病気やケガもなく
10歳になってくれたことに感謝です。



| 2004年生まれの長男 | COM(10) | | TB(0) | |
2014-09-04 (Thu)
GPSとかの科学的な話ではありません。
と~ってもアナログなお話(^_^;)

長女は忘れ物をよくするのですが
そのことに登校途中で気づいて戻ってくる…
ということがよくありました。

その忘れ物というのは
ハンカチだったりティッシュだったり……
まぁ、無ければ不便ではあるけど
それほど重要なものではない物のことが多いです。

でも、本人にとっては一大事。
いつも持ってるものがないのが不安なんですね。
基本的に優先順位とか決められないし
「ま、いいか」とか「どうにかなる」とは思えないんですね。

しかし、そんなことで自宅まで戻っていたら遅刻してしまいます。
学校のすぐ近くまで行っていても戻ってきたことがありました。

なので
「忘れ物をしても家に戻ってはいけない」と教えていました。

すると、そのうち
防犯のために持たせている携帯電話で電話してくるようになり
その段階では、(自分のケータイに限定されるけれども)
電話が掛けられるようになったんだなぁと思ったものです。

ただ、忘れ物を届けようにも
「今、どこ?」と訊いても、自分の現在地の説明ができないんですねぇ。

しかも、入り組んだ広~い公園の中の道をその日の気分によって
いろいろな道を通って登校していたので
追いかけても簡単にはめぐり会えなかったです。

ケータイのGPS機能を使ってはいましたが
数分の誤差があるし
当時は私もガラケーだったので
情報をキャッチするのにも時間が掛かっていました。

それで、最終的には、学校に持って行く…なんてことも度々でした。

さて、中学生になっても
忘れる頻度は低くなったものの
まだときどきあるんですね。

それが、今朝でした。
忘れたものはポケットティッシュです(^_^;)

電話が掛かってきたので
「必要なの?」と訊いてみると

「必要」

と応えます。
ま、よく使ってはいますからね。

なので
「じゃあ、持って行ってあげるから。今、どこ?」
と訊いたら

「○○○○(某コンビニ)のまっすぐの道のところ」

と応えたので、ちょっとビックリ!
あの長女が具体的に自分の現在位置を把握して
伝えられたことに思わず笑みが出てしまいました。

うれしくなって
自宅から5分ほどのその場所まで走って届けてやりました。

……と、まぁ、これだけのお話でした(笑)。


| アスペルガー症候群の長女 | COM(6) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。