06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-03-07 (Fri)
1月下旬の子供たちのインフルエンザ発症以来
自分のインフルや雪かきによる手のしびれなどが重なったあと
カラダは元気なのにやる気が全く出ず
ずっとDVDなどを観ながら過ごしていました。

が、やっと最近になって
少しずつ、やろうという気になってます。

まだ、「やる気みなぎる」とまではいきませんが
「ちょっとでもやっておこう」という感じです。

ということで、久しぶりに公文フランス語の進捗です。

入門、初級、基礎完成の教材は一応終わり
読み物教材の初め、G教材に入りました。

2014年3月レベル(画像クリックで大きくなります)

実は、昨年暮れからG教材には入っていたのですが
教材の学習方法のプリントがこちらから請求してから届き
自分のやり方が効率的じゃないと感じていたので
その学習方法でやり直しをしている途中で
やる気低迷期に入ってしまったのでした。

なので、ペースはかなりダウンしていますが
確実に進めたいので
マイペースでじっくりやっています。

そういえば、こんなもの↓が公文から届きました。
認定証

この認定証にどんな意味があるのか
さっぱりわかりませんけど
賞状みたいで気分はいいですね(^_^;)




このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 



スポンサーサイト
| フランス語学習 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-12-09 (Mon)
多読のさぼりも長いです。
過去の記録もこれでネタギレになりました(^_^;)
次はいつ再開するやら自分でもわかりません。

それでは、最後になるかもしれない記録を……(笑)

NE MAPPLEZ PLUS JAMAIS ≪MON PETIT LAPIN≫

タイトル:NE M'APPLEZ PLUS JAMAIS ≪MON PETIT LAPIN≫
(ヌ・マプレ・プリュ・ジャメ≪モン・プティ・ラパン≫)
=もうぜったい“うさちゃん”ってよばないで

作:Grégoire Solotareff(グレゴアール・ソロタレフ)
語数:650(概算)

内容は、相変わらず読解力不足で詳細はわかりませんが
タイトルどおり、子供扱いされているような呼び名ではなく
ちゃんと名前でみんなに呼ばれたい主人公が
いろいろな行動を起こすのですが
最後はとんでもないことになってしまいます。

これは日本語版がありました。




ということで、ここまでのトータル語数は42,027語(概算)でした。
このところ、ちょっとばっかし気分が沈みかけているので
また上向きになったら、再開しようかなと思います。




このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 



| フランス語学習 | COM(2) | | TB(0) | |
2013-12-07 (Sat)
相変わらずさぼっている多読。
過去の記録です。

JE MAPPELLE PAULINE…

タイトル:JE M'APPELLE PAULINE…(ジュ・マペール・ポーリン)
=私の名前はポーリン
作:Claudia de Weck(クローディア・ドゥ・ウェック)
語数:1,000(概算)

日本語版は見当たりませんでした。

この本も絵がとても繊細で
背景のパリの風景でフランスの雰囲気が楽しめると思います。

内容は男の子になりたい女の子の
ちょっとした冒険という感じがしました。

ぼんやりした説明ですみません。
なにしろ、訳そうとせずに読むことが決まりの多読なので
私のフランス語力では内容把握はほとんど勘に頼ってます(^_^;)

だけど、“とってもかわいい”というのは間違いないと思います。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 


| フランス語学習 | COM(0) | | TB(0) | |
2013-12-02 (Mon)
またかとお思いでしょうが……
多読の記録です。

Comme dans un moulin

タイトル:Comme dans un moulin(コム・ダン・ザン・ムーラン)
作:Michel Gay(ミシェル・ゲ)
語数:592語

絵も内容もほんわかしたものなのに
日本語版は見当たりませんでした。
(この作者の他の絵本は日本語版もあるようです)

タイトルを訳すと『風車小屋の中のような』になるのかな?

いろんな“物”の家族が登場します。
たとえば電化製品家族とか、台所用具家族とか……。
擬人化されているけど目や口があるわけではなく
そのものの形のままで……。

だけど、絵がとても柔らかい感じの絵なので
この絵本もほっこりな印象です。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 



| フランス語学習 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-11-29 (Fri)
今日も過去の多読記録です。


La Petite GeanteLa Petite Geante
(1982/01/01)
Philippe Dumas

商品詳細を見る


タイトル:La petite géante(ラ・プティ・ジェアント)
作:Philippe Dumas(フィリップ・デュマ)
語数:384語

昨日の絵本と同じ作者です。
だから絵はとても繊細でかわいいですが
やっぱり不思議な世界観がある気がします。

フランス語が深く理解できないから
内容を紹介できなくてすみません(^_^;)



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 



| フランス語学習 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-11-28 (Thu)
実は多読はこのところ(10日ほど)お休みしていますが
それまでに読んだ(見た?)絵本の記録です。


La maisonLa maison
(1979/01/01)
Philippe Dumas

商品詳細を見る


タイトル:La maison(ラ・メゾン)=おうち
作:Philippe Dumas(フィリップ・デュマ)
語数:342語

日本語版は見当たりませんでした。

絵がとても優しくかわいらしいですが
不思議な世界観があって
ちょっとさびしい…というか、哀しい印象を持ちました。

語数は比較的少ないですが
初級の私の求めているのはもっと少ない語数の絵本です(^_^;)



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
| フランス語学習 | COM(2) | | TB(0) | |
2013-11-07 (Thu)
では、多読絵本のつづきです。
(語数は概算ですので参考までに)


BABAR et son ami Zéphir
『BABAR et son ami Zéphir(ババール・エ・ソナミ・ゼフィール)』
=ババールとその友だちゼフィール
作:Jean de Brunhoff
語数:1,500語

日本語版ではタイトルが変わっているようです。



【送料無料】Le Chateau de Babar [ Laurent Brunhoff ]

【送料無料】Le Chateau de Babar [ Laurent Brunhoff ]
価格:4,948円(税込、送料込)


『Le château de BABAR(ル・シャトー・ドゥ・ババール)』
=ババールのお城
作:Laurent de Brunhoff
語数:1,500語

こちらも日本語版はタイトルが変わっていました。



BABAR et le professeur Grifaton
『BABAR et le professeur Grifaton(ババール・エ・ル・プロフェスール・グリファトン)』
=ババールとグリファトンきょうじゅ
作:Laurent de Brunhoff
語数:1,400語

日本語版はこちら↓



BABAR et les quatre voleurs
『BABAR et les quatre voleurs(ババール・エ・レ・クァトル・ボルール)』
=ババールと4人のどろぼう
作:Laurent de Brunhoff
語数:1,500語

こちらも日本語版はタイトルが変わっていました。



BABAR dans lîle aux oiseaux
『BABAR dans l'île aux oiseaux(ババール・ダン・リル・オ・ゾワゾー)』
=ババール、とりのしまへ
作:Laurent de Brunhoff
語数:1,100語

日本語版はこちら↓



『ババール』シリーズはまだまだあるようですが
ここまでしか借りませんでした。
ここまでの合計語数は大体38,330語です。

昨日、図書館でまた数冊の絵本を借りてきましたが
これらもちょっと私には語数が多い感じですけど
ボチボチ読んでいこうと思います。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 


| フランス語学習 | COM(2) | | TB(0) | |
2013-11-04 (Mon)
三連休、いかがお過ごしですか?
どこにも出かけないわが家は
主人は寝てばかり、長男はゲーム三昧
長女は日々のタスクをこなしている状態です。

そして、連休のたびに自分のペースを崩されて
カラダのリズムも狂ってしまう私です。

それはともかくとして
多読の記録の続きを……
例によって、語数は概算です。


Babar Et Le FantomeBabar Et Le Fantome
(1980/06)
Jean de Brunhoff

商品詳細を見る

『BABAR ET LE FANTÔME(ババール・エ・ル・ファントム)』
=ババールとおばけ
作:Laurent de Brunhoff
語数:1,300語
※日本語版は見当たりませんでした。



L'Anniversaire De BabarL'Anniversaire De Babar
(2002/01)
Laurent de Brunhoff

商品詳細を見る

『l'anniversaire de BABAR(ラニヴェルセール・ドゥ・ババール)』
=ババールのたんじょう日
作:Laurent de Brunhoff
語数:1,300語
日本語版はこちら↓




Babar Et Le Wouly WoulyBabar Et Le Wouly Wouly
(2002/01)
Laurent de Brunhoff

商品詳細を見る

『BABAR et le Wouly-Wouly(ババール・エ・ル・ウリウリ)』
=ババールとウリウリ
作:Laurent de Brunhoff
語数:1,300語
※日本語版は見当たりませんでした。



『BABAR et ce coquin d'Arthur(ババール・エ・ス・コケン・ダルチュール)』
=ババールといたずらアルチュール
作:Laurent de Brunhoff
語数:1,150語
日本語版はこちら↓
ババールといたずらアルチュールババールといたずらアルチュール
作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ / 訳:やがわ すみこ出版社:評論社絵本ナビ


ここまでで、大体31,060語くらいになりました。
『ババール』シリーズはもう少し読みましたが
続きはまた次回ということで。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 


| フランス語学習 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-10-26 (Sat)
気が付けば2ヶ月も多読の記事を書いていないので
私が多読をしていることをお忘れの方も多いことでしょう(笑)。

実は、正直いうと、毎日は読まなくなっているんですけどね。
やっぱり身の丈に合わない物は重荷になりますね。

というのも、『BABAR』シリーズって
日本でも乳幼児向けのアニメなんかが放映されていたりして
親しみがあるものだからちょうどいいかと思いきや
結構語数が多いんです。
この前に読んでた『LES TRIPLÉS(三つ子ちゃん)』に匹敵するくらい。

だから、私の今のレベルでは読むのに時間が掛かるから
寝る前にちょっと…というわけにはいかないんですねぇ。

で、余裕のあるときに読もうと思うと
ときどき…ということになってます。

しかし、図書館で大量に予約して借りてますから
今借りてる本までは読むつもりですけど。
そのあとは、どうしようかなぁ?

前置きが長くなりました(^_^;)
2ヶ月の間に読んだ絵本の記録の第一弾です。
※語数は概算ですので、ご了承ください。

Histoire de BABAR
『Histoire de BABAR(ヒストワール・ドゥ・ババール)』
=ぞうのババール こどものころのはなし
作:Jean de Brunhoff(ジャン・ドゥ・ブリュノフ)
語数:660語

ババールが最初は野生のぞうだったって知ってました?
私は最初から擬人化されている物語だとばかり思っていたので
ちょっとビックリでした。

その野生のぞうが擬人化していくのには
もっとビックリでしたけど(笑)。

日本語版はこちら↓



BABAR à la fête de Célesteville
『BABAR à la fête de Célesteville
(ババール・ア・ラ・フェートゥ・ドゥ・セレストゥヴィル)』
=ババールのはくらんかい
作:Laurent de Brunhoff(ロラン・ドゥ・ブリュノフ)
語数:1,500語

日本語版はこちら↓



BABAR en famille
『BABAR en famille(ババール・アン・ファミーユ)』
=ババールのこどもたち
作:Jean de Brunhoff(ジャン・ドゥ・ブリュノフ)
語数:1,200語

日本語版はこちら↓

ババールのこどもたち (児童図書館・絵本の部屋―グランド・アルバム・ぞうのババール)ババールのこどもたち (児童図書館・絵本の部屋―グランド・アルバム・ぞうのババール)
(1988/01)
ジャン・ド ブリュノフ

商品詳細を見る



BABAR sur la planète molle
『BABAR sur la planète molle
(ババール・シュール・ラ・プラネート・モール)』
=ババール モールわくせいにゆく
作:Laurent de Brunhoff(ロラン・ドゥ・ブリュノフ)
語数:1,250語

この本は日本語版が見当たりませんでした。
今日のところはここまでの紹介とします。
これまでのトータル語数は、約26,010語です。




このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 


| フランス語学習 | COM(2) | | TB(0) | |
2013-09-26 (Thu)
またフランスの絵本の紹介です。
いつものように図書館で借りた本たちです。

最初は
『RACONTE-MOIS(ラコント・モア)』
「お話して」って感じかなぁ。

RACONTE-MOIS.jpg

作者は、Yves PinguillyとFlorence Kœning
語数は概算で1,000語くらいだと思います。
絵の雰囲気がとっても優しいです。


次は
『TÊTARD Pot-de-colle(テター、ポ・ド・コル)』
どう訳すんでしょう?
「体にくっついたおたまじゃくし」かな?

TÊTARD Pot-de-colle

作者は、Michelle DaufresneとEvelyne Lallemand
語数は、425語くらいだと思います。
表紙でわかりますね、カエルのお話です。


最後は
『Lèche~voraces et mange~goulus(レーシュ~ヴォラス・エ・マンジュ~グリュ)』
「くいしんぼ」となるようです。

Lèche~voraces et mange~goulus

作者は、Georges KolebkaとChristine Bassery
語数は、1,900語くらいだと思います。
表紙の絵はちょっと怖い感じですが
お菓子の世界の夢のある(?)お話だろうと思われます。


調べましたが、どれも日本語版はないようです。
そして、いずれも、私はところどころしか理解できなかったので
詳しい内容の紹介ができず、すみません(^_^;)
これまでのトータル語数は21,400語くらいになりました。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 


| フランス語学習 | COM(4) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。