10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-04-30 (Wed)

6年前も前に出版されている写真集を紹介するのも気が引けますが
最近、大野くんのファンになった者なので、お許しください。

“写真集”といっても、よくあるアイドルの写真集ではなくて
大野くんが10年間のうちに描いたり作ったりした作品を
ロケに持ち出して、自ら写真に収めたものや
制作工程を撮ったものなどの写真集です。

同じ時期に個展も開催されました。
そのニュースはTVの情報番組でも告知されていたので知っていました。
というか、それがきっかけで大野くんのことを覚えた気がします。
長女との共通点を見つけた気がしたので。

でも、そのころはまだ“ファン”ではなかったので
個展を観に行かなかったんですよねぇ。
今思うと、もったいないことをしました(-_-;)

当時のTVでも作品を少し紹介していましたが
油絵ではなく、色鉛筆や水彩で描かれていた絵の
立体感と緻密さにビックリした記憶があり
素人離れしていると思ったものでした。

最近になって、いろいろ調べていて知ったことですが
リアルな絵が好きで
好きな画家がノーマン・ロックウェルや伊藤若冲だとわかりました。

私と好みが同じ~です(^^♪

そして、イラストの仕事がしたくて
ジャニーズを辞めたいと社長に申し出ていたこともあるそうです。
それを防止するために嵐に加えられたとか……?
(嵐のメンバーはグループを作るとかデビューとか聞かされずに
 ハワイへ連れて行かれて、その場で知ったというのは
 各方面で嵐のメンバー自身が語っていることですけど)

私が“大野くん、すごい”と思うのは
歌もダンスも演技もアートも書も天下一品(私の好みですが)なのに
自分は才能があるわけではないと思っているところです。

それは、この写真集でも語っているのですが
最近のラジオでの発言では
“努力”でもないそうです。

ただ「好き」なだけ。

「好きなことは極めたくなる」
「好きなことは忙しくてもできる」

だから、ファンに
「誰にでもできるということを知らせたかった」
から個展や写真集という形になったそうです。

むしろ、忙しいときほど絵を描きたくなったりするそうです。
それで、仕事から夜遅く帰って、寝ないで絵を描いて
次の日に仕事に行った方が、描かずに行くよりスッキリすると
語っていました。

好きなことはストレス解消になるんですね。

大野くんのことは知れば知るほどハマってる私なので
語りだすとキリがないですが
現在TV朝日で放送中の深夜ドラマ『死神くん』も
毎週録画して観ています。

おもしろいです。
……と、また長々と語りそうなので
『死神くん』の話はまたの機会に……(^^ゞ




このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 



スポンサーサイト
| 読書 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-12-18 (Wed)
FBのお友達が感想をつぶやかれていたのを読んで
私の池上さん熱が再燃(?)。
(そのわりには)図書館で借りて読みました。
『伝える力』です。
続編もあったので、両方借りて
まとめて読みました。
【送料無料】伝える力 [ 池上彰 ]

【送料無料】伝える力 [ 池上彰 ]
価格:840円(税込、送料込)

【送料無料】伝える力(2) [ 池上彰 ]

【送料無料】伝える力(2) [ 池上彰 ]
価格:840円(税込、送料込)



最初はビジネスパーソン向けに書かれたようですが
老若男女、職業も問わずに読まれていたということで
続編は広い読者層に向けられています。

ご自身の経験で培った“伝える力”を
わかりやすく、また、ユーモアを交えて“伝えて”くれています。

特に各項目ごとの最後は
その項目で触れた事柄を皮肉った文章で締めていて
思わず笑ってしまいました。

内容はどれも、なるほどと思ったり
反省させられたりすることばかりで
具体的にあげるとキリがないのですが……

たとえば
知っているつもりで使っているのに
説明を求められても
わかりやすく説明することができなかったりする。

これは、よくあります。
子供たちに「どういう意味?」と訊かれると困ったということ
1度や2度じゃないですから(^_^;)

それから
あいまいな表現。
私もこのブログでもよく使っている気がします。

それと、横文字や専門用語。
テレビでもよく、専門家が普通に使ってたりしてますけど
どういう意味だかわからないときがあります。

今までは、知らない私が遅れているのかと思ったりしていましたが
「誰にでもわかる言葉で伝えることが大切」という言葉に
大きくうなづきました。

そして、実行しようと思ったのは
辞書を引くこと。

辞書を引いて、調べてから使うことで
伝える力が身に着くと勧めています。

日本の伝統の言葉でも読み方を間違っていたり
使い方を間違っていたりしますからね。
子供たちに正しい日本語を伝えるためにも
辞書を引こうと思いました。




このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 


| 読書 | COM(2) | | TB(0) | |
2013-11-21 (Thu)

著者:スティーヴ・ビダルフ
訳:菅 靖彦


久しぶりに絵本以外に読んだ本の話題です。
でも、この本は“読書”というより
必要に迫られて……困っていたから
藁をもつかむ気持ちで探して
図書館にもあったので、借りて読んだものです。

困ったちゃんの長男。
またやらかしたようです。

長男の先生はときどき学級通信を書いて配布してくれるのですが
昨日の内容は、先日の音楽会のときのことで
「がんばって発表したことはすばらしかったが、観覧するときの態度が残念だった」
という内容でした。

席を立ったり、私語が多かった人がいたというので
長男に訊いてみると……
やっぱり、その態度の悪いメンバーに入っていたそうです。

は~(-_-;)

そんな感じなので
何かアドバイスを求める気持ちもわかっていただけるでしょうか。

ということで、本の内容ですが……

まず、男の子と女の子は成長の仕方が違い
小学校低学年のころまでは、半年~1年くらい
男の子の方が発達が遅いのだそうです。

だから、本来は就学は1年遅らせた方がいいとのこと。
指先の器用さも違うんですって。

なるほど……です。
話し方も読み書きも女の子の方が優秀ですもんね。

とはいえ、実際には義務教育の就学を1年遅らせるなんてことはできないし
わが家の長男はすでに3年生です。

このギャップを具体的にどう埋めればいいかというヒントはありませんでした。
ということは、ギャップを埋めようとせず
大目に見るしかないのでしょうかねぇ。

この本で印象的なのは、父親の存在です。
男の子の成長には父親がカギを握っているようなので
父親が積極的に育児に参加して
母親を大切にする姿などを見せることが大事だそうです。

これが、我が家で一番のネック(^_^;)
だって、主人がゲームソフトも好きなだけ買い与えるし
寝る時間も今まで邪魔してきたから
夜更かしする子になってますからねぇ。

子供の前で平気で食べ物の好き嫌いはするし
食事のときにコーラを飲んだりするような父親ですから
子供の教育にはマイナスなことしか……

ただひとつ、休日は車でどこかへ連れて行ってくれることは
大変助かっていますけどね。

そういえば、この本にもありました。
母親たちの会話によくあるのは
(たとえば3児の母などは)
「ウチには子供が4人いるから……」
という発言だそうです。

同じことを日本人の私たちも言いますよね。
世界共通の母親の悩みなんですね(笑)。

両親が教育方針を一致させて協力して育児をすることが
大切だということです。

そうですよね。
以前から知っていることではあります。
が、これが難しいんです。

どんなにうるさく言っても
主人の生活は変わりませんからね。
自分で意識が変わらなければ……。

なんか、愚痴ばかりで支離滅裂な話になってきましたね。
とにかく、私の欲しいアドバイスが見つからなかったので
また、他を探して見ようと思います。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ 




| 読書 | COM(6) | | TB(0) | |
2013-08-11 (Sun)
Sur la branche

Facebookのお友達が多読学習をしているというので
よせばいいのに、また興味を持ってしまって
ちょっと調べて、絵本を探しました。

(多読について調べたことは、また後日改めて記事にしたいと思います)

日本の絵本なら、『絵本ナビ』という便利なサイトがあるので
欲しい絵本を探すことができますが
外国の絵本の原書となると
どんな絵本があるのか、その絵本はどんな内容なのか
詳しいサイトは見つかりませんね。

個人的にいくつかの絵本を紹介しているブログや
輸入&販売しているサイトはありましたけど
求めているものはなかなかありませんでした。

しかも、購入するには輸入本は高価ですねぇ。
そこで、図書館で探してみました。

すると、フランス語の絵本は4冊ヒットしたので
どのくらいのレベルのものかはわかりませんけど
とりあえず、4冊とも予約をしてみました。
(無料なので^_^;)

で、今日、最寄の図書館に準備ができたというメールが着たので
早速、借りてきました。

そのうちの1冊が上↑の絵本です。
原題は『Sur la branche(シュール ラ ブランシュ)』
訳は『えだのうえで』
作者はClaude Ponti(クロード・ポンチ)

色合いが地味なんですけど
絵をよくみると、すっごいかわいいんです。
内容もすごいかわいい。

日本の絵本の『14ひきのシリーズ』なんかに
雰囲気が似ているかもしれません。

“多読”は辞書で調べたり
読み返したりしないという原則があるのですが
この本はかわいすぎて
何度も読みたくなってしまいます。

1冊目で挫折か?(笑)



こんな私を応援していただけたら励みになります。
クリック↓よろしくお願いします。
(左2つは「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 


| 読書 | COM(6) | | TB(0) | |
2013-06-13 (Thu)

めっきりさぼりぐせのついているフランス語ですが……
この本は、50歳からフランス語を習い始めたという著者から
何かヒントをもらえるんじゃないかと思って
図書館で借りてきてしまいました。

私の印象としては
フランス語に関するエッセイみたいな感じです。
ご本人の大人なイラストが随所にあるので
とてもおしゃれな感じもします。

特に気になったのは
大人の習い事は(専門家になるのでなければ)
最終目標を決めず趣味で気楽にやるのがいい
……と言っているところです。

大抵の“語学のすすめ”では
明確な目標を持たなければ身につかない
……とあるので
のんべんだらりとやってきた私には
耳の痛いご指摘でした。

ところが、山本容子さんは
楽しくて続けてしまう“趣味”がいいと……。

なるほどです。
子供の遊びのように
または、大人も子供も夢中になってしまうTVゲームのように
つい夢中でやってしまうほどおもしろい趣味なら
知らず知らずに上達もしますもんね。

ん~、最初は私もフランス語がおもしろいと思っていたはずなのに
いまでもワクワク感はあるのに
どうして夢中になれなくなったんだろう?

文法の躓きか? 単語の吸収力の悪さか?
また内側からやる気があふれるような刺激を探そうかなぁ。
すぐ近くにありそうな気もしますけどね(^_^;)。



そんな私のモチベーションアップにつながるクリックを↓お願いします。
(左2つは「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 外国語ブログへ 


| 読書 | COM(10) | | TB(0) | |
2013-06-07 (Fri)

1月に受講した講習会(そのときの記事はこちら)の講師
堀内祐子氏の本です。

4人のお子さんが全員、アトピーとぜんそくと発達障害だということで
特に発達障害の診断を受ける前までは大変な育児生活だったようです。

「発達障害」「アスペルガー症候群」といっても
知的障害があるわけではないようですから
ウチの長女とはまた少し状況が違うようですけど
親の心理としては、共感するところが多かったです。

ご主人や支援に携わる方々やママ友などとの交流に支えられていると
感じているところなんかも同じだなぁと感じました。

感動したのは……
お子さんの言動に疲れ切って、怒りと悲しみが抑えられず
仕事中のご主人に電話をしてぶつけたとき
ご主人は
「そんなにつらい思いをお前だけにさせている、オレが悪い」
とおっしゃったそうです。

グッときました。
なんて器の大きい、愛情の深いご主人なのでしょう。
そうやって、ドンと受け止められると安心できますよね。

私も子供たちのことを全部受け止められるような
母になりたいと思いました。



こんな私を応援していただけたら励みになります。
クリック↓よろしくお願いします。
(左2つは「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ 


| 読書 | COM(10) | | TB(0) | |
2013-04-08 (Mon)
【送料無料】恋愛錯誤 [ 谷口冴 ]

【送料無料】恋愛錯誤 [ 谷口冴 ]
価格:1,155円(税込、送料込)


私が恋愛小説を読むってことはほとんどないのですが
この本は読んでみたくて……。

主人公は、私よりちょっと上だけど、ほとんど同年代の独身女性。
自分の今までの恋愛を回想する形でいくつかの話になっています。

「インベーダーゲーム」などの懐かしいキーワードがあったり
私も独身時代が長かったので共感するものがあったりしました。

結婚して子供がいると、「恋」をすることが現実的じゃなくなりますが
(だんなさまとずっと恋愛中の方もいると思いますが)
芸能人相手に疑似恋愛していたりするので
いくつになっても「恋」はしていたいものなのかもしれませんねぇ。



こんな私を応援してやろうと思ってくださる方はクリック↓していただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。
(左2つは「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 


| 読書 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-03-29 (Fri)

私はとっても読むのが遅いのですが
それでも本を読むことは好きなので
隙間の時間に1日1ページでも読むようにしてます。

本当に1ページしか読めないときもあるので
図書館で借りたこの本↑も1ヶ月以上掛かって読みました。
(1度延長してしまいました)

著者の竹田恒泰氏はメディアに登場することも多いようなので
ご存じの方も多いと思いますが……

明治天皇の玄孫(孫の孫)という旧皇族で
現代でなければ、バラエティ番組で拝見することは決してないお方ですね。

そんな著者の経歴などは序章で詳しく知ることができ
本編では、皇族の歴史と皇統について
わかりやすく書かれていると思います。

特に、第二次世界大戦の前・中・後の時期の皇室や皇族方や軍の
言動・苦労・働きは、それぞれの心情までわかるようで、リアルに響きました。

他の国の王族が系統を変えて存在しているのに対して
日本の皇室は2千年の間、皇統が継続していることや
だから、皇室には苗字が必要ないことなどは初めて知りました。
(苗字でどの皇室かを区別する必要がないため)

私とは全く縁のない皇室ではありますが
日本人であるかぎり、知らないところで皇室を守っていて
知らないところで守られているのかもしれないなと
なんとなく思いました。



そんな私ですが、よろしかったらクリック↓をお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)

ブログランキング・にほんブログ村へ 


| 読書 | COM(4) | | TB(0) | |
2013-02-03 (Sun)
最近は、長女が学校で借りてきた『忍たま……』シリーズを
寝る前に自分で少しずつ読んでいるので
私が読み聞かせをすることがなくなっているのですが

昨夜はめずらしく
長男が私と長女の寝室で一緒に寝たので
久しぶりに読み聞かせをしました。

うそつきのつきうそつきのつき
作:内田 麟太郎 / 絵:荒井 良二出版社:文溪堂絵本ナビ


これも、長女が学校で借りてきた本です。
ゆるい感じの絵に反して(?)
内容はダジャレなのには
ちょっとビックリしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ 


| 読書 | COM(6) | | TB(0) | |
2012-11-06 (Tue)
6ヵ国語勉強法

図書館で借りて読んだ本ですが
今一番興味のある分野だったこともありますし
内容に説得力があって
読むのが遅い私が合間読書で数日で読んでしまいました。

大人になってからの外国語学習は
文法から学んだ方が早いこと
基礎は日本人から学ぶ方がよいことなどなど
(全部書いてしまいそうですが、この辺にして)
なるほど…と思えることが多かったです。

何事も土台をしっかり築いておかなければ
あとのことが無駄になってしまうということですね。

とても参考になりました。


| 読書 | COM(2) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。