09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2010-04-13 (Tue)
昨日、長女の担任の先生から電話がありました。

昨日は検尿とピンテープ(ぎょう虫検査テープ)の回収日で
連絡袋に入れて持たせたのですが
長女は忘れたと思い込んでいて「忘れた」と言ったらしく
先生があとで連絡袋の中に入っていることに気づいたけど
すでに業者が回収に来たあとだったので
再検査のときにもう一度提出してほしい……ということでした。

私も悪かったんです。
長女が家を出るときに、もう一度念を押して
先生に渡すように言えばよかったのかもしれません。

だけど、連絡袋も登校のときに先生に提出すると思っていたので
もし、長女が提出しなかったとしても先生が気づいてくれると
思ってしまっていました。

どうやらそうじゃなかったみたいです。

朝、採尿したことを長女はもちろん知っていて
それを学校に持っていくものだということもたぶん知っているけど
それが連絡袋に入っていること、母が入れていることは
そのときはわかっていても
学校に着いたころは忘れてしまうようです。

自分が興味をもっていることの記憶力はバツグンなのですが
そうじゃないものはすぐに忘れてしまうんですよね。

なので、今日の連絡ノートに書きました。

登校したときの準備(朝の準備)として
「連絡ノート」「連絡袋」「連絡袋に入っていたその他のもの」の
提出場所を決めて提出するようにしてほしい。

長女には伝言や持ち物を覚えておく力がまだ弱い。

などを書いてお願いしておきました。
担任の先生の前職は肢体障害の特別支援学校だったようなので
長女のような発達障害の子への支援はまだわからないのかもしれません。

それに、長女のクラスの他のクラスメイトは
障害があるとは思えないお友達ばかりですから
長女も同じくらいの能力があると思われているのかもしれませんからね。

今のうちに要望を伝えておかないと
先生も長女も私もストレスになると思ってお願いしました。

実際、今回のことでも
長女は「忘れちゃった」と何度も言って気にしていたようです。

もちろん、私も、先生ばかり頼らずに
家庭でしっかりサポートしていこうと思いました。


関連記事
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。