09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-02-21 (Mon)
1階のダイニングで大好きなスナック菓子「じゃがりこ」を食べていた長女。
しばらくしてから階段の下へ行き、2階にいる長男に向かって

「長男~っ! じゃがりこ食べないの~?
 長男のも残ってるよ~!」

と声を掛けました。
たぶん、一般の家庭ではどうってことない光景だと思います。

でも、自分のこと、特に目の前のことにしか注意がいかない長女が
長男のものがあることを確認して
それを長男が食べないのかと気にかけたのです。

今までなら、長男の分も自分で食べてしまうか
自分に食べる気がなければスルーしていました。


それからもうひとつ、長男がらみの出来事です。

長男の机の上に手紙が置いてありました。
封筒の封シールには手書きでハートマークがあり
こっそり中を見ると……

ラブレター?

長女が長男に宛てた手紙でした。
ところどころにハートマークが描かれていて
まるでラブレターのようです。

口に出しては言えないことを手紙に書いて
相手の机の上に置いておく…ってところが
これまたラブレターのような……。

まぁ、それはともかくとして……
ほんの少しだけど、自分以外の人のことを気遣うことができたこと。
言えないことを手紙で伝えるという行動ができたこと。
これら2つの出来事で
長女が1つだけ前進したように感じました。


関連記事
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。