09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-12-14 (Wed)
希望者だけとはいかないらしく
しぶしぶ、昨日、長男の学校の個人面談に行ってきました。

こちらは口内炎で口を開けるのも痛いし
風邪ぎみで体調もよくないので
何を言われても反論などせず
“おつとめ”のつもりで臨みました。

そして……

この前の連絡帳でも指摘された、言葉遣いの悪さから始まりました。
「面談があるので、メモしておいた」
と、長男の発言をいくつか読んでくれました。

たしかに、1年生の子が発した言葉とは思えない口の悪さです。

「小さいうちに直していきましょう。
 学校でもその都度注意をしていきますから
 家庭でも注意をしてください」

これに関しては素直にきくしかありません。

春の個人面談と違っていたのは
良いところも強調していたところです。

「4月はしゃべらないし、絵は描かないし……だったけど
 最近は日直も大きな声でハキハキできるし
 絵も自分で考えて描くようになりました。
 算数はすぐ理解できるようになったし
 字もきれいになりました」

普通なら、「先生のご指導のたまものです」と
お礼を言うところでしょうけど
ひねくれものの私にはそんな気持ちは全くなくて……。

しゃべるようになったのも
作業をするようになったのも
緊張がほぐれて環境に慣れてきたから
自分が出せるようになっただけだろうし

算数は入学前から足し算引き算はできるし
まだ習ってない掛け算でさえ概念としては理解してるくらいですから
授業の成果かどうかは疑問ですし

字は国語の宿題だけはきれいに書くけど
普段は相変わらず、きれいに書こうともしません。
宿題は叱られるから義務的にきれいに書いているだけで
「字をきれいにかく」という意識は全くないのだから
意味ないんじゃないかという気がします。

でも、先生の技量のおかげと思っていた方が
お互いにとって幸せかもしれませんね。

とりあえず、憂鬱だった任務が終わってホッとしました。

それにしても、長男の言葉遣いには頭が痛いです。


関連記事
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。