09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-08-26 (Sun)
長女がメルちゃんの美容室セットで
美容師ごっこをしていました。

いつ見たのか
シャンプー台でシャンプーしたりしていました。

以前からヘアアレンジするのが好きで
わが家にある数体のメルちゃんは
それぞれ違うヘアスタイルにされています。

それを見ながら、ふと
「長女ちゃん、美容師さんになったらどう?」
と言ってみたら

「でも、(本格的な)やり方がわからない」

と言うので

「それは専門の学校で教えてもらうんだよ」

と言うと、まんざらでもない様子でした。
そこで、そばに居た主人が

「長女は、(人と)おしゃべりできないからダメだよ」

と口をはさむと

「中学生になったらしゃべれるようになると思うよ。
 だって、しゃべれないのはヘンだから」

と長女。
ほぉ、そういうこと考えているんだぁと感心したのと
長女が自分で“できる”と思ってることは
これまで全てできるようになっているので
人としゃべることもできそうな気がしてくるから不思議です。

私はそのとき
“支援学校で美容・理容の勉強ができるといいのになぁ”とか
考えていましたが

あとになってよく考えてみると
長女が資格を取るのも並の努力じゃできないだろうし
もし、運よく資格が取れても
健常の人だって美容師さんの仕事は大変そうなのに
長女にとってはもっと大変なことになるだろうと想像されます。

軽はずみなことを言ってしまったけど
夢は持って欲しいとも思います。


関連記事
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。