05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-11-11 (Sun)
学芸会2012

昨日は長男の学芸会でした。
2年生ですが、昨年は展覧会の年だったので
学芸会としては今年が初めてです。

2年生の劇は
『おかしのすきなかいぞくのおかしなおかしなおかしなたび』
で、長男の役は「村のこども」。

2年生は2クラスなんですが
2クラス合同で、70名くらいが1つの劇をやるから
同じ役のメンバーが場面ごとに総入れ替え状態でした。

学校によっても違うのでしょうが
時間短縮のための方法なんでしょうか
人数が多いことで
個々の子供に負担はかからない感じはしましたが
観覧している親としては自分の子供の出番が一瞬で
なんか物足りない感じです。

さて、長男は自分のセリフは大きな声ではっきりと言っていて
彼にしては上出来だったと思います。

ただ、全員で言うセリフや歌のときは
緊張のせいか表情も堅く口もあまり開いていませんでしたけどね。


さて、残念ながら見に行くことができなかった長女の方は
カレーライスの調理実習でした。

本人によると
うまくいったそうですが
果たして、邪魔せず作業ができたのか?

それはともかく
昨日は、保護者の手伝いもありで
出来上がりは一緒に食べることができたそうで
長女のお友達のお母さん方もみんな来ていたそうです。

なので、長女にさびしくなかったか訊いてみると
全くそんなことは思わなかったようです。

そうかぁ……
周りの状況と自分の状況を比べることをしない(できない)し
元々、親と一緒に居ることや何かできることに
楽しさや満足というものを感じないから
たとえ、自分だけ親が来なかったとしても
何も思わないのかもしれません。

親としては逆にさびしいですが
今回に限っては好都合でした。




関連記事
スポンサーサイト
| 2004年生まれの長男 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。