08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-12-12 (Wed)
昨日は長女の担任の先生方との個人面談でした。
長女のクラスだけはW学級の中では児童数が11名と多いので
担任の先生はお二人です。

長女の方の個人面談はいつもついつい長居してしまいますが
今回は順番が最後じゃないので
持ち時間の30分くらいで終わるだろうと思っていました。

が、行ってみると
他の方の都合が悪くなったらしく、ウチだけだったみたいで
終わってみたら、1時間半が経っていました。

また今回も長女のおもしろエピソードをいっぱい聞いてきました。
そして、成長している様子も知ることができました。

お友達との交流の変化
図工や体育など得意なことの成長
いろんな話題が出ました。

ちょっとビックリしたのは
跳び箱は八段を軽く跳んでいるらしいことです。

運動面では平衡感覚に重点がおかれるものだけは得意なので
跳び箱もそのひとつかなぁとは思いますが
踏み台のタイミングや手の位置とか
長女には苦手な点もあるかなと思っていましたが

クラスでは
跳び箱に取り組む前に馬跳びなどで慣れてから……という
ステップを踏んでくれたことや
運動能力の高いクラスメイトがお手本を示してくれることが
長女自身の「できそう感」を高めてくれて
苦手意識なく取り組めている結果だろうと感じました。

大昔のことだから覚えてないけど
私は八段跳べたかなぁ???


関連記事
スポンサーサイト
| アスペルガー症候群の長女 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。