09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-01-16 (Wed)
長女が成長するにつれて
将来のこと、進路について考える機会が増えました。

中学や高等部に関してのこともそうですが
社会に出ることについても考えます。

たとえば、長女が好きな仕事に就くことができたとしても
それが芸術の道だったとしても
社会人として、周りの人とのコミュニケーションは不可欠で
避けては通れません。

さらに、希望の仕事が見つからなかったとき
どこにも就職できないことも十分あり得ます。
発達障害を含めて、障害者の数は年々増加していても
就労者として受け入れてくれる企業はまだまだ少ないようですから
狭き門です。

健常で新卒者が就職浪人をしている時代ですから
無理もないでしょう。

さて、話をもどして
社会人として働き口がなかったら
アルバイトして食いつなぐなんて器用なマネができない長女ですから
どうやって、生きがいを見い出すか
それどころか、どうやって生きていくか…という問題にもなります。

そんないろいろを考えていると
長女の将来のために、今、自分ができることは何か?
今から準備しておくことがあるんじゃないか?
という思いになるわけです。

まず、最後の手段として選べる(保険としてキープできる)職場を
私が作ってあげること。

これは、以前、入力サービスをやっていたときも
同じように考えていましたが
時代は進んで、「入力サービス」の需要が減っているため
それを武器にすることは難しくなっています。

そうすると、あとは、裁縫を教え込むことぐらいは
今の私にもできそうです。

そこまで考えると、構想は膨らんで
じゃあ、長女だけじゃなく、他の発達障害の人にも
手伝ってもらえるような規模にしたくなり

そうなると、発達障害者が働ける職場の……雇用者のスキル
どうせなら、その人たちを理解して
それぞれの方々の得意分野を活かせる場所にしたいですから
そのためのスキルはどんなものがあるかと考え

心理学が必要か? 福祉のことを学ぶべきか?
昨年暮れから、通信大学のパンフレットも取り寄せてみましたが
どうもピンとこなくて

ネットで調べているうちに
そういえば、ジョブコーチという存在があったことを思い出しました。
ジョブコーチのことを調べれば
適切な職場のありかたもわかりそうです。

これまたネットであれこれ調べてネットサーフィンして
あと少しでヒントがつかめそうだと
講習会などの情報を求めてたどりついたのが
「東京都発達障害者支援センター」のサイトでした。
昨日のことです。

ところが、このサイト、最新更新日が2010年9月。
目を疑いました。
私の記憶が確かなら、あるいはタイムトラベルしていなければ
今年は年明けたばかりとはいえ、2013年のはず。
2年数か月の間放置されているって……。

あまりにガッカリしたからtwitterやfacebookにもつぶやきましたが
先日、Twitterのアカウントを持っているとTVで大々的に広報していた
東京都知事にも、勢いあまって、直接ツイートしてしまいました。

「行政の発達障害に対する姿勢が現われていると思った」

という皮肉も添えて。

さすがに返信はなかったですが
「お気に入り」に登録されたようです。
「お気に入り」っていうシステムが皮肉なネーミングですけどね。

前置きがとっても長くて
なにが「ひどい」話だったかわかりづらかったかもしれませんが
とにかく、オリンピック招致も大事な仕事だとは思いますが
あまりに他のことをおろそかにされては困ります。

今、このときも、障害に苦しんで命を絶とうとしている人
わが子・わが孫の将来を苦にして未来を見失っている人が
少なからずいることを知ってほしいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト
| 発達障害関連 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。