10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-01-23 (Wed)
最近、家の中で大きな声で歌を唄うことが多い長女。
大好きなアニメ「忍たま乱太郎」関連の歌が多いですが
動画サイトで見つけて気に入った歌なんかも
覚えるまで再生して聴いたり歌ったりしています。

だから、学校内の合唱団を勧めてみました。
W学級のお友達もひとり入っているから
一緒に参加したらどうかと……。

そしたら
「入らないよ」
と、あっさり。

理由を訊くと
「長女は哀しい歌はきらいなの。
 それが(哀しい歌を唄うんじゃないかと)心配だから」。

そうでした。
長女は小さいころから、抒情歌…というのか
静かなゆったりした曲は流れてきただけで涙が出てしまうんです。
感受性が過敏ゆえなんでしょうか。

そうなると、童謡や学校唱歌などの合唱曲は
歌う前に聴くこともできませんね。

音楽の授業の題材はなんとか我慢できているのは不思議ですけど
その辺は義務を重んじる自閉的要素の賜物かもしれません。

それにしても
音楽って、すごい力があるなと改めて思います。

言葉がなくても、曲だけで人の心を左右してしまうんですよね。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト
| アスペルガー症候群の長女 | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。