05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-02-13 (Wed)
1週間ほど前、肺炎と診断された実家の母。
あのときは、通院で点滴すると決めたものの
考え直して、2日後、入院に切り替えていました。

その方が、こちらも安心でした。
なんせ、ウチでじっと安静にしていることはできない人だし
病院の方が、確実に禁煙できますからね。

しかし、たぶん、退屈で仕方ないだろうと
弟に様子を聞いてみたら
案の定、「退院したい」とぼやいていました。

医者から強制的に入院を告げられたわけではないから
希望すれば退院できたでしょうが
肺がきれいになるまでは入院しているように…とくぎを刺しておきました。

そしたら、昨日、母本人から電話。
すこぶる明るい、元気な声で退院の報告でした。

検査で肺がきれいになっていることがわかり
早々に退院してきたらしいです。

咳が出ないことが健康を実感させてくれているみたいで
改めて禁煙宣言していました。

「百まで長生きしてもらわないと困る」

という私に

「二百まで生きるよ~」

の、強気の発言に、安心して涙腺がゆるみそうでした。
ほんと、いつまでも元気でいて!

よろしかったら、どれでも↓クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 


関連記事
スポンサーサイト
| 家族 | COM(12) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。