10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-02-19 (Tue)
運針に取り組んでいます。
今まで、布小物を手縫いしてきましたが
正しい“運針”ができているかというと……
和裁の教本を見て、まったく間違っていたことがわかりました。

どうりで、指や腕がヘンに痛くなったりしていました。

なので、この際、時間はかかりそうだけど練習しようと思い
やり始めたのですが……

どうも、私は、標準より指が短いようで
“三ノ二”という木綿用の短めの和針を使っても
針先に指が届かずやりづらいわけです。

そこで、木綿針の中で一番短い“三ノ一”にしようと
買い物ついでに探しました。

ところが、駅そばのショッピングセンターの中の手芸屋さんは撤退。
大手スーパーの中では、裁縫道具コーナーさえ
目につかないくらいの狭いスペース。

縫い針は何種類かがセットになったものしかなく
その中には“三ノ一”はありませんでした。
(通常は“三ノ二”か“三ノ三”で間に合いますからね)
普通地用ぬい針6本入セット 【54020050】

普通地用ぬい針6本入セット 【54020050】
価格:168円(税込、送料別)


最後の希望で、大通りの向こうに唯一ある手芸屋さんに行ってみました。
が、ここでもスーパーと変わらないものしかありませんでした。

最近は25本入りの手縫い針が必要な人も少ないのでしょうね。
少数派の人しか必要としない道具は
仕入れも在庫も陳列もムダということでしょうか。

30年くらい前(故郷にいたころ)、勤めていた手芸店は
ショッピングセンター内の小さなテナントでしたが
和・洋裁用品、手芸用品、毛糸など
豊富な品揃えで商品に埋まっているような状態でした。

ボタンは壁一面に多数のものがあって
問屋さんのような感じでバラ売り。

布地こそ、手芸や学校教材に使用する程度のものでしたが
他はほとんどのものが揃っていたと思います。
その分、商品の値段や場所を覚えるのは大変でしたけど(苦笑)。

当然、手縫い針も、現在主流になっているセットのものだけじゃなく
和針も洋針も25本入りの本格な縫い針が全部そろっていました。

だから、お客さんも「ここに来ればある」という安心感もあったと思います。
常連さんが多かったですよぉ。

でも、今はなんでもネットで買えるから
専門的なお店は……特に住宅街では難しいのかもしれませんね。
問屋街なら別でしょうけど。

そういえば、その田舎のショッピングセンターの中には
布地屋さんだけでも数軒ありました。
それぞれ特色のあるお店でしたけど
今はどうなっているのでしょう?

随分前に帰省したとき、勤めていた手芸店は店舗を広げていましたが
今もやっているのか、ちょっと気になります。

……と、かなり話がそれてしまいました。

結局、すぐに欲しかった縫い針は近くにないことがわかり
やっぱりネットで注文して、数日待つことにしました。
それまでは、やりづらいけど、三ノ二でがんばります。



よろしかったら、どれでも↓クリックお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ ブログランキング・にほんブログ村へ 


関連記事
スポンサーサイト
| 和裁 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。