07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-03-07 (Thu)
長女たちの学校は全校的な「6年生を送る会」とは別に
W学級だけの「お別れ会」があります。

そのお別れ会が一昨日でした。
5年生主導で開催されるというので、参観しました。

昨年までは視聴覚室で行われていたのが
今年は体育館で、規模が大きくなっていたような気がします。

今年のW学級の5年生は11名で
支援学級にしては人数が多く、役割が分担できるから
大がかりなこともできるのかもしれません。

長女の係はゲーム「ハンカチおとし」の説明でした。
2人組で交互に台本を読むだけですから
任務は滞りなく……なんですが

ゲームが始まると、長女特有の要領の悪さで
小さい子にも追いつかれたりしていました。
この辺はDNAの影響もあるかもしれませんけどね(^_^;)。

5・6年生合同の合奏は
さすが上級生で、みんなとても上手に演奏していました。

と思ったのですが
終わってから、長女は私の顔を見ると
「本番で失敗しちゃった」
と半泣きの顔で訴えていました。

聴いている方は全く気づきませんでしたが
練習ではうまくいっていただけに
本人としては悔しかったのでしょう。

失敗して悔しいと思うことも大切ですし
その気持ちがまた成長させてくれるかなと思います。


さて、その「お別れ会」のあと、子供たちを下校させてから
今度は保護者会です。

いつものように、出席率は悪かったです。
W学級全体会でも10名くらいだったような……
クラス別会では私を含めて3名。

でも、人数が少ないと
自分の子の個人的な情報をたくさん聞けるからお得感はあるんですよね。

最近の長女の成長を感じる点は
不安なことにもチャレンジするようになったこと…のようです。

がんばってるんだなぁと思いました。

そして、おもしろエピソードも……
展覧会後、「学校だより」掲載の感想文を書くときに
先生がいろいろ聞きだして、それを本人が文章にまとめたようですが
長女は通常級の課題とW学級の課題と両方制作で数が多かったので
「どれが一番難しかった?」という先生の問いに
「全部簡単だった」とあっさり答えたようで
それでは感想文としてどうか?と先生を困惑させたようです。

長女にとっては、図工は遊んでいるのと同じですから
「楽しい」しかないのでしょうね。

感想文では、初体験の彫刻刀が難しかったことになっていました(~_~;)。

そんな長女、今朝は腹痛を訴えていましたが
「お休みする?」と訊くと

「せっかくだから行く」

と言って登校しました。
「せっかく」って……
たぶん、“せっかく着替えた”とかいうことだと思いますが
それが腹痛をガマンしても登校する理由なのがおもしろいです。


よろしかったら、どれでも↓クリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ ブログランキング・にほんブログ村へ 


関連記事
スポンサーサイト
| アスペルガー症候群の長女 | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。