07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-05-24 (Fri)
先週とは違い、昨日は晴れていたので
わずらわしさもなく、忘れ物をせずに行くことができました。

レッスンは、先週までの2曲の復習と
新しい曲が3曲。
『おるすばん』『びっくりシンフォニー(ハイドン)』『こいぬのマーチ』を
教わっていました。

長女のピアノレッスンは月に3回なので
次のレッスンは3週間後となるため
宿題を多めにしてくれたようです。

長女の先生は、楽譜の本を使用せず
長女用の楽譜ノートに目の前で音を読みながら書いてくれ
それを利用してレッスンが行われます。

たぶん、目の前で書くことで
音符の位置や書き方を目で確認できるためじゃないかと推察します。

そして、その塗りつぶされていないおたまじゃくしに
各音の色を塗ることとその曲の復習をすることが宿題です。

さて、2曲目の楽譜を書いたあと、先生が

「今日は3曲やろうと思ってるんだけど、どう?」

とおっしゃると、長女は

「ん~、じゃあ、2曲にしとく」

思わず笑ってしまいました。
そこで、先生は

「じゃあ、長女ちゃんができるようだったら3曲目もやってきて」

と、一応は長女の意見を尊重しておいて
3曲目をやらせてみてから

「ほら、できたじゃない?
 長女ちゃんならできると思うから
 やれそうだと思ったらやってきてね」

と、うまくのせてくれていました。

この3曲目の『こいぬのマーチ』で
初めて両手同時に使うことを練習できて
それはまだ左手の音の数は少ないものだから
長女も成功体験を味わえ
うれしそうな表情をみせていました。

毎回、ビミョ~にハードルをあげていくことで
おもしろさとかやる気とか感じるのって
どんなことにも共通ですよね。

長女のピアノレッスンを見てると
それを痛感させられます。




このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左2つは「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ 


関連記事
スポンサーサイト
| ピアノレッスン | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。