07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-05-25 (Sat)
W学級では、年に1度、専門の先生による言語指導があります。
ひとりずつ行われるので、個別に時間が決まっていて
保護者参観できます。
その日が昨日だったので、行ってきました。

慣れない人の前では声を出すことに抵抗がある長女は
昨年まではほとんど無言で
指やうなづきで意思表示していました。

それが、今年は声を出して応答していました。
ただ、先生の最初の質問

「W学級はどうですか?」

という抽象的な問いには
どう答えていいか迷ったようで言葉になりませんでしたが

「楽しい?」

と訊かれると

「楽しい…かな」

そして
「お勉強は何が好きですか?」

という問いには

「勉強はあんまり好きじゃない」

と言っていました(^_^;)。

「お友達とはお話しますか?」

の問いも、たぶん、誰とのことか? とか
話すときと話さないときがあるので
どう答えていいかわからなかったのでしょう。
黙っていました。

が、次の
「長女さんがよく話をする先生はだれですか?」

の問いには

「だれでも…かな」

つづいて
「よく話をするお友達はだれ?」

にも
「だれでも…かな」

最近の長女の口癖…というか
語尾に「かな」とつけます。

その「かな」に表情があっていいと言われました。
はっきりと聞こえる声で応対していたことや
「だれでも」という言葉が出ることが良いことだと評価していただきました。

そして……
今は多感で花開いている時期なので
あれこれ拘束すると、また閉じてしまうから
このまま成長を見守る……というようなニュアンスの
アドバイスをいただきました。

詳しい総評は後日手書きのお手紙でいただくことになりますが
私が参観した状況はこんな感じでした。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左2つは「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ 


関連記事
スポンサーサイト
| アスペルガー症候群の長女 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。