09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-07-19 (Fri)
昨日のピアノレッスンの記録の前に……

長女はひとりで毎日少しずつ練習をしているのですが
今までは何も問題なく、楽しんでやっていました。

それが、前回のレッスンの次の日から
「わからないところがある」
と言うので、何がわからないか尋ねても
どう説明していいかわからないようでした。

なので、こちらから、思いつくことをいろいろ訊いてみたら
どうやら、音符の符幹(ぼう)が下向きのものは
ヘ音記号の音だと思い込んでいたようで
思っている音と違うから混乱したようです。

「どうしよう。間違ったんじゃない?」

と、プチパニックで涙目でした。

先生からはト音記号の音階とヘ音記号の音階の表をいただいていたので
それを見せながら説明をすると
納得して、落ち着きを取り戻しました。

しかし、もうひとつ、悩ませていることがあったのです。
それは、音の長さ。
音符の種類によって長さが違うことはわかっても
それがどのくらいなのかつかめていない様子でした。

レッスンのときに先生から説明されているのですが
自分でやろうとすると忘れてしまうんですね(^_^;)

なんとか視覚的にわかりやすくできないかと
母はない知恵を働かせて、表を作ってみました。
DSC01986.jpg

ところが、これを見てもピンとこないらしく
手拍子と「タン、タン、ウン」で言ってあげると
それで理解したようです。
私の苦労は何だったのか?(^_^;)

とにかく、挫折から脱出できたようで、ひと安心でした。


さて、そんなことがあっての昨日のレッスン。
最初に、先生に挫折の話をしておきました。

「大丈夫だよ。音の長さはやっているうちにわかるようになるし
 わからなかったら、無理しなくていいからね」

と先生に言われ、さらに長女は安心した様子でした。

レッスンの内容は前回の復習が数曲と
新しい曲は『ゆうべのほし』です。

そういえば、前回から
左手は同時に2つの音を押さえる曲になっています。

こういう芸当は私には無理です(笑)。
ずっと同じ音だけ押さえるならどうにかなりそうですが
途中で音が変わるから右手と左手がパニックになりそうです。

長女は今のところ大丈夫みたいですが
これ以上難しくなったら
また挫折するんじゃないでしょうかねぇ。
この辺は私のDNAが組み込まれていないことを祈ります。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左2つは「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ 


関連記事
スポンサーサイト
| ピアノレッスン | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。