04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-10-03 (Thu)
昨日、長女はお友達と遊ぶ約束をして帰ってきました。
帰ってくるや否や、ランドセルを降ろしながら
長女にしては興奮した感じで

「今日、遊びに来てって言われたんだけど。
 行こうと思ってるんだけど」

と独特な言い回しで伝えていました。
実はその少し前
お友達のお母さんからメールをもらっていたから知ってましたけどね。

お友達のお宅ではお母さんも妹弟も体調が悪そうだったので
学校近くの児童館でなら一緒に遊べると伝えると
長女は児童館でも行くとのこと。

「宿題は帰ってきてからでいいかなぁ?」

と言うので仕方ありません。
だって、学校から帰ってきたのが3時過ぎ。
また学校近くまで行くとなると30分はかかります。

夕方のチャイムの4時半までですから
おやつを食べてから行くと
遊べる時間は1時間もないです。

めずらしく、おやつも早く切り上げ
(食いしん坊の長女にしてはめずらしいんです)
初めて行く児童館なので、場所がわからないから
私が付き添って、行って来ました。

長男がいつも友達と遊ぶときにDSを持って行っているからか
自分がやっているゲームを見せたかったみたいで
3DSを持って……。

学校近くに着くと、お友達が通りで待っていてくれて
めでたく再会です(^_^;)

 Mちゃん「DS忘れたから(取りに行ってくるから)いいかな?」
 長女  「やらせてあげるよ」

という自然っぽい会話から始まり

 Mちゃん「これ、どうやるの?」
 長女  「あ、これ?」

とか

 Mちゃん「これは何?」
 長女  「それはやったことないからわからない」

などなどと静かで優しい会話をしながら
二人で仲良く交代しながらやっていました。

学校などで、長女とMちゃんの交流を何度か目撃して
そのたびに、長女もお友達と会話ができるようになったんだと
感慨深いものがありましたが
家族といるときと同じように……いや
むしろ、家族に対するより思いやりをもって
優しく接している気がしました。

1、2年生のころも
クラスのお友達と公園やおうちで遊ぶことはありましたが
同じ空間にいても、それぞれが好きなことをしている感じで
“一緒に”という感じではなかったのが
今は、時間を“共有”してるんです。

アスペルガーの長女の数ある特性の中でも
コミュニケーション能力が一番苦手なものですが
相手によっては交流ができることがわかって
少し希望の光が見えたような想いです。

小学校生活はあと半年。
お友達との関係を大切に育んでほしいなと思います。

ちなみに、帰るときは名残惜しさもなく

「じゃあ、バイバイ」

とあっさりしているところは長女らしかったです(^_^;)
帰宅後は『忍たま』の時間までに
宿題・ワオ・習字の宿題・ピアノの練習のノルマを
しっかりこなしていました。




このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ 


関連記事
スポンサーサイト
| アスペルガー症候群の長女 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。