09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-12-03 (Tue)
昨日の午後は長女の学校へ行って来ました。
担任の先生方との個人面談です。

行く途中で、下校途中の長女と遭遇。
以前なら、私に気づいても
こちらが話しかけるまで素知らぬ顔をするか
逆にはずかしそうにそっぽを向くか……の様子でしたが

昨日は、ニコッと笑い
「かか、どこに行くの?」
と話しかけてきました。

おぉ、すごいっ!
こんな会話ができるようになる日が来るとは……。

そんな、ちょっといい気分で個人面談に向かうことができました(笑)。

面談の内容は
先日の学芸会のこと、中学校のこと、卒業文集の内容確認と
最近の学校での様子などでした。

中学校選択のことでは
先生方と私の見解の一致が見られ
希望している学校が適切だと思っていただいていることで
選択に自信がつきました。

中学校側が認定してくれなければ行かれませんが
こちらの意向がブレる要素は全くなくなりました。

問題なのは、クラスでの様子です。
どうも、クラスメイトの数人とうまくいかないんです。
それはもうず~っと前からなんですけどね。

自分にとって、つらいことや嫌なことは
楽しいことより強く記憶に残ってしまう長女は
その記憶を新しい楽しい記憶で上書きすることができず
悪くいえば、根に持ってしまうので
関係を修復するのが難しいようなんです。

親としては
長女が当時傷ついた気持ちや最近受ける屈辱も
こちらの胸が痛くなるほどわかるし
また、相手の言動に過敏になっている長女が
ケンカ腰で話している姿も目に浮かぶので
申し訳ないやら切ないやら……で複雑です。

先生方も、これまでいろんな手段で仲裁していただいたようですが
改善されないので
なるべく関わらない体制を作っていただいているようです。

卒業まであと4ヶ月弱しかないので
毎日楽しいだけで過ごせるといいんですけどねぇ(^_^;)



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ 




関連記事
スポンサーサイト
| アスペルガー症候群の長女 | COM(5) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。