05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-12-06 (Fri)
先週の記録を昨日記事にしたので
連日“ピアノレッスン”ネタになってしまいましたが
昨日がレッスン日でした。

宿題の『ジングルベル』も『木のぼり』も
なんとかクリアしたものの
やっぱりちょっと引っ掛かる箇所があって
リズムを替えて練習したあとに普通のリズムで弾いても
つまづくんです。

とうとう長女の目に涙が……。

先生は
「大丈夫だよ。できてるよ」
と言ってくださっているのですが
涙は止まりません。

それでも、レッスンを途中で投げ出さないのが長女です(^_^;)
泣きながらでも、ピアノを弾いていました。

しかし、その長女の気持ちを切り替えるきっかけがありました。

DSC02270.jpg

レッスン本の登場です。
今までは、プリントされた楽譜
DSC02267.jpg

先生がノートに手書きしてくれた楽譜
DSC02268.jpg

長女の教材でしたが
ついに教本を使用することになりました。

長女はさっそく手に取っていました。
そして、最初の『こいぬ』と『れんしゅうきょく21』を練習しました。

レッスンが終わって、教室を出てから
長女が

「ピアノへたくそっ! 参加しなければよかった」

(言葉をまちがってますけどね。
 “参加しなければ”(誤)→(正)“始めなければ”)

というので
「じゃあ、止める?」
と訊くと

「いやだ!」

まぁ、そういうことはわかっていましたけどね(^_^;)
だれでも最初は上手にできないこと。
練習すれば上手にできるようになること。
などとなぐさめると、落ち着いたようです。

だけど、できないことが悔しくて泣いて
それでも、やれるようになるまでがんばるのは
これまでの長女のパターンではあります。

過去、一輪車もインラインスケートも
その他いろんなことに自分から興味を持って始め
最初はできなくて泣いて
いつのまにかできるようになってきました。

だから、逆に言うと
悔しくて泣くということは上達できる可能性があるってことかなと
思ったりしてます(笑)。







このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


関連記事
スポンサーサイト
| ピアノレッスン | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。