10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-12-12 (Thu)
昨日は長男の担任の先生との個人面談でした。

日頃から
宿題をやってこない。
鉛筆を削ってない。
などなど問題が多いので
長男の個人面談は気が重いんです。

すぐ近くにある(徒歩5分以内)学校なのに
なんか足が重く感じます(^_^;)

でも、いい機会ですからね。
行って来ました。

まず、つるんでいる仲の良い友達のこと。
私もいつも長男から話を聞いているお友達の名前を
先生が次々と言い並べました。

学校でもいつも一緒のようです。
先生もよく見てくれているんだなと思いましたが……

その友だち関係があまりよくない…という指摘でした。
「みんないい子なんですけどねぇ」
とは言われていましたが
中には勉強が苦手な子がいて
(授業中)やろうとしないらしく
それに長男はつられてしまう…ということです。

想像はつきます。
悪ふざけが好きだし、友達にはっきり言えない子ですからね。

そして、もうひとつの指摘。

国語の授業では、度々、学習している“お話”の感想を書いたり
登場人物の気持ちを書いたりする課題がありますが
長男はいつも白紙で出してしまうことです。

実は、これは、私も以前から気になっていました。
テストやプリントを持ち帰っても
そういう類の箇所だけ空欄のままで
先生から赤ペンで「どう思ったかな?」などのコメントがあったりします。

本人に訊いても
「わからないから」とか「何も思わない」という回答が返ってきます。

そのことについて、先生は
「本当に、人の気持ちがわからなかったり
 話について感想がなかったりするのであれば
 将来、人とのコミュニケーションに差支えが出てくるだろうから
 何かトレーニングなんかを受けた方がいいかもしれない」

とおっしゃり、必要であれば
通級や教育相談の先生に相談してみてもよいかも……
とのことでした。

ここでいう“通級”というのは
知的障害はないけど情緒に問題を抱える子が
週に1~2回のペースで通う情緒障害等学級で
区内には、その学級の設置校が数校あり
その中の1つが長男の学校なのです。
(ちなみに、区内の“通級”の種類は“情緒”の他に“難聴”“言語”“弱視”があります)

実は、もうひとつ指摘がありました。

それは、ノートをとるように言っても書かないで
そのくせ、テストをするとほとんど満点だということでした。

これは、普通だったら自慢したい点でもありますが
前述のことを合わせて考えると
ノートをとることを面倒くさがることも
テスト満点も脳のいたずらの可能性がありますからねぇ。
複雑です。

ず~っと小さいころから
なんとな~く、検査してみた方がいいかなぁとは思っていましたが
日常生活に支障なくやってきたので
長女のときのような確信みたいなものがなくここまで来ました。

このところの育て難さも男の子ゆえのものかとも思っていましたが
もしかしたら、違う問題があるのかもしれません。

などと考えを巡らせていても解決はしないので
早速、長女がお世話になっているセンターへ予約の電話をしました。

しかし、新規(初診というのか?)の相談は
相変わらず後を絶たないらしく
5月ころの予定になるとか……。
しかも、はっきりした日程の通知は来年1~2月とのことでした。
でも、長女のときは半年後でしたからね。
とりあえず、お願いしました。

主人に話すと、遅すぎるから
検査してくれる病院を探すように勧められましたが
定期的に検査をするようになる可能性もあるし
信頼している、長女の担当ドクターにお願いしたい気持ちもあるので
待とうと思います。




このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ 




関連記事
スポンサーサイト
| 2004年生まれの長男 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。