06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-04-16 (Wed)
昨日、突然、訃報が飛び込んできました。

長男の保育園時代のお友達の
あまりにも早すぎる……。

元気に公園で遊んでいて
急に頭痛などの異変が起こり……。

死因は解剖してもわからなかったそうです。

まだ信じられません。

まだ受け入れられない……というより
受け付けないんです。

お通夜もお葬式もしないということなので
焼香だけさせてもらいに長男と行って来ました。

保育園時代のクラスメイトと先生が勢ぞろいするときが
こんなときなのは皮肉なものです。

ご遺体のきれいな安らかな
今にも起きてきて、長男の名前を呼びそうなお顔を見れば
なおさら現実のこととは思えませんでした。

そのせいか
目を真っ赤にしているママ友もいる中
私はウルウルするものの
泣き上戸の私にしてはあまり涙が出ませんでした。

不謹慎なほどに平常心だったのです。
自分でも不思議でした。

だけど、眠れませんでした。
なぜか、眠れませんでした。

そして、朝、ウォーキングをしながら
このことをブログの記事にするかどうか考えていたら
イヤホンから嵐の『感謝カンゲキ雨嵐』のイントロが流れてきた途端に
涙が流れて止まらなくなりました。

 Smile again 君がいて
 Smile again うれしいよ

泣きながら公園の中を歩いている老婆。
すれ違う人はビックリしますよね。
帽子をかぶっていてよかったです。

今は、亡くなったお友達のママやご家族に何をしてあげられるのかわかりません。
ただ、お友達のご冥福を祈ることと
ずっと忘れないでいてあげることしか……。

保育園時代、お迎えの帰りに近くの公園に集まって
子供たちを遊ばせていたときの
「Tくん!」
とお友達を呼んでいたママの姿が忘れられません。

長男が
「まだ平均寿命の半分も生きてないじゃないか」
と言っていました。

半分どころか10分の1くらいの命だなんて
神様は残酷すぎます。

書きながら顔がグシャグシャになってきたので
この辺で止めておきます。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ


関連記事
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。