05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-05-06 (Tue)
長女が小学校で一番お世話になった先生が
この春異動になりました。

1・2年生のときと6年生のときに担任していただきました。
特に1・2年生のころのブログには度々話題にさせていただいたほど
支援学級での取り組み、学習のくふうなど
子供たちへの支援に対して
常に勉強と研究を欠かさない先生ですので
信頼と尊敬…ほとんど崇拝していました(^_^;)

W学級開級以来、8年在籍されていたので
(3年過ぎれば異動対象となるらしいので)
長女が在校中も毎年異動の時期は
ドキドキしていたものです。

だから、卒業の年に異動がなく
しかも担任になっていただいたときは
歓喜しました。
(このことは、もう何度も書きましたかね(笑))

その先生がついに異動と聞き
長女は卒業してしまったとはいえ
挨拶しておきたくて行って来ました。

学校での離任式は午後の早い時間でしたが
先生は夕方まで学校に残る予定とのことでしたので
私たちOB・OGは
中学校の下校に合わせて、夕方近く……。

といっても、わが長女は
先生には会いたいけど、久しぶりに会うお友達に対してはずかしいから…と
行かないことを選択していました。

いまだに、小学校のときの屈辱を思い出して
しょっちゅう泣いているくらいですから
お友達に会いたくないんでしょうねぇ(-_-;)

もっとも、長女は下校時間が遅かったし
中学校から小学校までの距離も長いので
(4kmくらいかなぁ。小一時間かかりそうです)
間に合わなかったかもしれませんけど。

というわけで、私だけ伺うことになりました。
他のメンバーは、ほとんど来ていましたよ。

ほんの1ヶ月の間に、随分“中学生らしく”なっていました。
みんな照れくさくて、先生との直接の会話は少なかったですが
1ヶ月振りに会う旧友との交流を楽しんでいました。

それぞれ、中学校ではまだ緊張しているようなので
古巣の小学校で思いっきり羽を伸ばしているように感じました。

先生の離任式は、子供たちにとっては
絶交の息抜きの場を与えてくれたのかもしれません。

しかし、異動した先生の方は大変のようです。
今度は23区外の学校の支援学級に異動されたのですが
市の財政状態が悪いらしく
設備も人員も確保できていないとのことで
ギャップを感じられていました。

わが区も福祉に関しては、他の区と比べると
不満も多々ある環境ではなりますが
それでも、少しずつ(かなりスローなテンポで)
支援学級が増えたり、支援員の数が増えたりしています。

でも、まだまだ、わが区よりも環境が整わないところもあるのですね。
都内でも格差があることを感じました。
義務教育なのに。

その話を伺って
学習する子供たちや親御さんも
学校の教職員の方々も気の毒に思いました。

整った環境であれば伸びるものも
今のままでは伸びない……というのは
勿体ない話ですよね。

しかし、そういう環境だからこそ
私たちの自慢の先生が必要なのかもしれないとも思いました。
市の財政は変わらなくても
その学校の支援学級の子供たちは変わる気がします。

私が考えている以上に大変な任務でしょうけど
あの先生なら……
だって、これまでの実績がありますからね。

GUTS!です(๑•̀ㅂ•́)و✧



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ 


関連記事
スポンサーサイト
| 学校のこと | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。