05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-05-25 (Sun)
障害物競争
昨日、晴天の中、長女の学校の運動会が開催されました。
今年から、長女も長男も春の運動会ということになりました。
そして、両方とも、昼食は子供と別です。
だから、お弁当は子供の分だけ作ればよくて楽ではありますが
運動会の醍醐味が……。
なんか、さびしいです。

さらに、長女の中学校は校庭が狭く……
大抵の学校がトラックの周りが全て観覧できる状態だと思いますが
ここは、半面だけで、その内の1部は敬老席。
一般の観覧範囲はかなり狭かったです。

そのスペースで一番前はシートを敷いている家庭もあるから
大多数は落ち着かない立ち見状態でした。

長女の出番は午前1番の50m走と午後1番の障害物競争。
その間は3時間以上。
暑い中、ずっと立って待つのはつらいけど、自宅は遠い。
学校周辺に時間をつぶす場所もない。

迷ったあげく、我が家は一旦帰宅することにしました。
主人はチャイルドシートに長男を乗せて自転車で行っていましたが
(まだチャイルドシートに乗れる4年生って……)
「午後はもう(行かなくて)いいかな」
と、午後は見ませんでした。

自転車禁止じゃないのがありがたいですね。
もっとも、自転車があまり得意じゃない私は
狭い歩道も交通量の多い車道も自転車で行く自信がないから
徒歩で二往復しましたけどね(-_-;)

さて、肝心な長女の様子ですが……

基本的に走ることが好きじゃないですからね。
50m走はぶっちぎりのビリでした。
いつものことです(^^ゞ

障害物競争では
網くぐりとハードルと平均台がありましたが
網をくぐるときは
自分の前にとなりの子が来てくぐっていたものだから
それを待っていました(^_^;)

別の場所へ移った方が早いとは考えないんですね。
というか、そもそも「早く行く」とか「競争」とかいうことが
よく理解できていないんだと思います。

ハードルもマイペースでくぐったり跳んだりしてました。

まぁ、その辺は、まあ想定内です。
問題はそのあと。

この障害物競争は保護者観覧範囲の前を通るわけですが
そこに来た途端、明らかに観覧者の中の誰かを探している様子。
それがチラチラと……ではなく、立ち止まりそうな勢い(^_^;)

家族を探してるんだろうなぁ……とは思いましたが
あとで訊いてみると、案の定でした。

まぁね、小学生のころは
児童が待機している席から誰がどこで見てるか確認できたし
そうじゃなくても、昼食は一緒に食べていましたから
確実に来ている安心感があったでしょうけど

昨日は、正面に観覧ブースがあるわけでもなく
狭く、ごちゃごちゃしている観覧者の中に見つけることができなかったから
障害物競争で近くまで来たこのときが
探すのに絶好のチャンスだったのでしょうね(笑)。

見に行くことは伝えていましたよ。
でも、確認したかったんでしょうね。

来年からは、始まる前に行って
安心させておこうと思います。
ただし、来年も見学に行ったら……ですけどね。

というのは……

ここからは長~いネガティブな内容になりますので
不快な気分にさせる可能性もありますので、スルーしてくださいね。

この時期だと、入学してからまだ間がないし
学校側も子供たちも準備期間が少ないせいなのか
中学校はみんなそうなのか
なんとも味気ないものだったというのが率直な感想です。

お忙しい中、準備していただいた先生方には申し訳ないですけど
中学の運動会って、こんなにおもしろくないものなのかと思ってしまいました。

長女の出番の種目でお気づきの方もいらっしゃるでしょうか。
F組は徒競走や障害物競争などの個人競技だけで
団体競技には参加してないんです。

いや、わかりますよ。
F組の子たちが通常級に交じっても足手まといになるでしょう。
練習も大変になってきます。

だけど、保育園や小学校時代は
できる範囲、というか、ちょっとハードルを上げた範囲で
この子たちも参加でき、成長できるように工夫をしてくださっていたので
その印象とのギャップにショックを感じてしまいました。

私たち親は、子供たちの成長や感動を待っているだけなのに
ご苦労されている学校側への不満ばかりを訴えることに
申し訳ない気持ちはありますが……
敢えて言わせていただきます。

そもそも、学校行事って、ただのイベントでしかないのでしょうか?
子供を成長させるためのものであってほしいと思うのは
親のエゴなんでしょうか?

団体競技にF組の子たちが参加して
練習でがんばる姿を通常級の子たちにも見てもらいたいんです。
それによって、何かを感じてくれる子がいるんじゃないでしょうか。

もちろん、全員じゃないでしょう。
それどころか、ほとんどの子が面倒くささしか感じないかもしれません。
でも、何かを感じてくれる子が必ずいると思います。
そうあって欲しいと思います。

運動会本番で観覧する人にも
この子たちががんばっている姿を見てもらいたいんです。

こんなときじゃなければ
いつ、この子たちのがんばりを伝えることができるでしょう?

そんな気分になったので
これまで毎年何かしら成長や感謝を感じていたのが
二往復、7km以上歩いた疲れしか残らないものになりました。

来年もこんな感じなら見に行かなくてもいいかなと思うくらいだったから
ブログの記事もあっさりしそうだと思っていたのですが
思いのほか、熱い(?)記事になってしまいました(^_^;)

愚痴を含めて、長~い記事になりましたが
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。



このブログはランキングに参加しています。
クリック↓でご協力いただけると励みになります。
よろしくお願いします。
(左は「にほんブログ村」のランキングバナー
 右はFC2ブログのランキングバナーです)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ 


関連記事
スポンサーサイト
| アスペルガー症候群の長女 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。